お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「・・・に~させる」”make・・・~”〈シニア日常英会話〉

 今回は、昨年11月の「お役立ち英会話」で取り上げた"make America great"(アメリカを偉大にする)の続編をお届けしましょう。

 "make"には「・・・を~にする」という使い方がありましたね。それと同じような使い方として、「・・・に~させる」というのもあるのです。この場合の「~させる」のところは「動詞」になります。いくつか例文を紹介しましょう。

 

I made my son go to the dentist. (私は息子を歯医者に行かせた。)

The doctor made me enter the hospital. (医者は私を入院させた。)

She will make him pay for the damage. (彼女は損害分を彼に払わせるつもりだ。)

 

 実は"have""let"にも、この"make"と同じような使い方があります。ただ、"make"の場合は「やや強制的な感じ」があります。

 

【※参考までに《受け身》の形にして"I was made to enter the hospital."と言えば、「私は入院させられた。」となります。】

 


 

A: I'm spending stressful days now.

     (今、ストレスの多い毎日を送っているの。)

 

B: Why? What's happening?「お役立ち」2017/2用

     (なぜなの?何が起きてるの?)

 

A: My son is going to take an entrance-exam.

     So I have to make him cram for it every day.

     (息子が入試を控えてるのよ。だから毎日彼に追い込み勉強させなくちゃならないの。)

 

B: Oh, you are an education-conscious mother.

     (へぇー、あなたは教育ママなのねぇ。)

 


 

"cram"という動詞は聞き慣れませんが、「(試験などにそなえて)詰め込み勉強する・一夜漬けをする」という意味の動詞です。英語圏の人は、日本の「塾」のことを"cram-school"と呼んでいて、苦笑いさせられてしまいます。"education-conscious"は、「教育を意識した」という意味で、単に"education-mother"というよりも理解されやすいと思います。

 

 「吉祥寺MCS英会話スクール」には、時々「幼児のクラスはありませんか?」というお問い合わせもあります。「当スクールは残念ながらシニアの方専門です。」と丁重にお答えしておりますが・・・。

 シニアの方には"cram"の必要はありません。「吉祥寺MCS英会話スクール」なら、自分のペースでゆっくり・ていねいに楽しく英会話を習って頂けます。少し勇気を出して、《無料体験》をぜひお試し下さい。


2017年02月04日 11:50 PM

1

M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP