お役立ち英会話!吉祥寺駅から徒歩3分!シニアのためのMCS英会話スクール

少人数制・幅広い時間帯・入門から中級まで シニア&初心者ゆっくり英会話

吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

M.C.S英会話スクール ホーム > お役立ち英会話

「犬」にちなんだ英語の表現

 新年あけましておめでとうございます。

 今年は戌年です。今回は「犬」にちなんだ英語の表現をご紹介しましょう。犬は昔から人間にとって最も身近でなじみの深い動物で、"man's best friend"と言われます。それだけに"dog"を使った英語の言い回しはたくさんあります。


 

「お役立ち」2018/1月用 まず、あの有名なことわざから。

 

Even a dog, if it walks, will bump into a pole . (犬でも歩けば棒にぶつかる。)

 

The dog that trots about finds a bone. (せかせかと歩き回る犬は骨を見つける。)

 

 これは解説が必要でしょう。「犬も歩けば棒に当たる」は、シニア世代なら誰でもお正月にやったことのある「いろはかるた」の筆頭に出てくることわざですが、その意味は案外知られていません。本来は「出しゃばりすぎると、とばっちりを食う」というようなマイナスの意味で、その後「積極的に行動していると思わぬ幸運に出くわすこともある」というプラスの意味も持つようになりました。①がマイナスの方で、②がプラスの方というわけですね。"trot"という動詞は、乗馬でよく使われる「早足で歩く」という意味です。

 


 

It is not wise to interfere in a couple's fight. (夫婦げんかに干渉するのは賢いことではない。)

 

 これはおわかりでしょう。「夫婦げんかは犬も食わない」ですね。

 

 「けんか」といえば「犬猿の仲」という言葉もありますが、英語では「犬」と「猫」で表します。

 

They lead a cat-and-dog life. (彼等は猫と犬の生活を送っている/犬猿の仲だ。)

 


 

「お役立ち」2018/1月用」 それでは、少し難しいですが、下の2つの文はどういう意味か考えてみて下さい。

 

Every dog has his day.

 

He treated her like a dog.

 

 答えは、⑤が「誰にでも良い時(時流に乗った良い時代)がある。」、⑥が「彼は彼女を粗末に扱った。」となります。

 


 

 

 最後に"dog"を動詞として使う例もご紹介しておきましょう。「(犬のように)つけ回す」という意味があります。

 

The police dogged the suspect. (警察は容疑者をつけ回した。)

 


 

 

 私ども「吉祥寺MCS英会話スクール」のシニアの生徒様の中で犬をペットにしていらっしゃる方は4分の1くらいでしょうか。その方々の話題の中に「犬を散歩に連れて行く」という英語がよく登場しますが、お勧めの言い方は

"I walk my dog."です。"walk"には「歩く」だけでなく「歩かせる・散歩させる」の意味があります。

 一説では「戌年」は「努力が報われる年」「次のステップの為の準備の年」なのだとか。さあ、今年は英会話にチャレンジしてみませんか!「吉祥寺MCS英会話スクール」なら、シニア専門で初歩の初歩からゆっくり・ていねいに始めることができます。まずはチョット勇気を出してお問い合わせ下さい。無料見学いつでも大歓迎です。


2018年01月03日 10:35 AM

1

M.C.Sコンテンツ

 

M.C.Sスケジュール

時間割

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

1 10:00~

-

○

○

○

○

2 11:15~

-

○

○

○

※

3 13:00~

-

○

○

○

○

4 14:15~

-

○

○

○

○

5 15:30~

-

○

○

○

○

6 18:00~

●

○

△

○

■

7 19:00~

▲

※

※

※

-

時間割の説明

注 :

月曜日の日中と土・日は、原則としてレッスンを行っておりません(振替レッスンを除く)。


月曜の6限目は17:45~


月曜の7限目は19:00~


水曜の7限目は19:00~


金曜の6限目は17:30~


※印の時間帯は、ご希望があればご相談に応じます。


スケジュール詳細はこちらへ

 


吉祥寺ご年配・ビギナー MCS英会話スクール ホーム

▲ PAGE TOP